インナードライ肌を改善しないと、エイジングが進行していきます。 インナードライ肌とは、肌の表面は潤...

インナードライ肌を改善させる化粧品の選び方

インナードライ肌を改善しないと、エイジングが進行していきます。
インナードライ肌とは、肌の表面は潤っていても、肌の奥では乾燥している状態のことをさします。一見乾燥肌には見えませんが、インナードライ肌を放置しておくと、年齢肌へと進行しやすくなります。

インナードライ肌は、角質層の奥が水分不足の状態です。皮脂が過剰に分泌されて、肌表面だけがオイリーになっている状態ともいえます。角質層の奥まで、保湿成分を届ける必要があります。

そこで必要となる成分が、角質幹細胞であるセラミドという成分です。セラミドを、肌の奥まで届けるには、低分子されていることが重要です。セラミドは、肌の奥から長時間保湿してくれる効果があります。

長時間保湿することで、コラーゲンを生み出す力を高められ、インナードライ肌は改善できるのです。また、コラーゲンの生成をアップさせることで、長時間保水する力が高まり、インナードライ肌を防ぐのに役立ちます。

インナードライ肌を改善する化粧品選びのポイントは?

人の肌に存在するセラミドと同じセラミドを配合しているものを選ぶ
セラミドを低分子化して角質層の奥まで浸透させるものを選ぶ
コラーゲンの生成をサポートする成分を配合しているものを選ぶ